関連書籍感想

うまれる かけがえのない、あなたへ

うまれる かけがえのない、あなたへうまれる かけがえのない、あなたへ
(2010/08/17)
豪田 トモ

商品詳細を見る




取材を通じて出逢った方たちのドラマをぎっしりとつめた内容。
映画本編の中では伝えきれなかったエピソードなどもたくさん書かせていただきました。

映像よりも文字にした方が良い内容ももちろんありますし、
映画は2時間以内という制限があるため、泣く泣くカットした
感動ストーリーもたくさんあります。




映画の内容+αの本です。
妊娠、出産に関して全く無知だった監督が書かれた本なので
出産を経験している私には『常識』な話も丁寧に書かれていました。
ですが私でもへぇ~そうなんだ~と思う内容もあり
無知だった監督がきちんと調べ、取材を沢山したという事が伺えます。
私も読んで知る事ができて良かったです。

本の中には沢山、取材で出会った方々が出てきて
その方々のお話も大変、重みのある言葉ばかりで
出産、命に関わる事をしている人は
やはり本当に凄いと思い知らされる一冊でした。




コチラの本、残念ながら東村山図書館には蔵書されてません。
でもお隣市の清瀬図書館に蔵書されています。
ご興味のある方はぜひ!!!



スポンサーサイト

えらんでうまれてきたよ〜胎内記憶が教えてくれること〜

えらんでうまれてきたよえらんでうまれてきたよ
(2010/10/19)
池川 明、豪田 トモ 他

商品詳細を見る




映画製作の過程で出会った、たくさんの子どもたち、
そして子どもたちの言葉に癒された親たちの親子の絆と
命の神秘に満ちた胎内記憶の言葉集。


映画『うまれる』の関連書籍です。
子供が話せるようになったら一度は聞いてみたい
体内記憶のお話です。


豪田トモ監督も仰ってますが
私もスピリチュアルな世界に
特別関心がある方ではありません。
それに2~3歳くらいの子供は
話す内容も曖昧ですし。

それでもこれほど体内記憶が注目され
沢山の子供達がお腹の中の様子の表現を
同じように話したり、お腹の中にいた時にしか
知り得ない情報(両親が不仲で喧嘩していた様子)
などを話している子供がいる事を見ると
やはり体内記憶を否定しては
いけないのではないでしょうか?

私はこの本のもう一人の著者、池川クリニックの
池川明先生が書かれている話にも納得する所がありました。
それはお腹の赤ちゃんも意思、感情を持っているという事。

この映画は命の素晴らしさを訴えている映画なので
このような話はご法度なのかもしれませんが
赤ちゃんを親の意思で中絶、堕胎する時、赤ちゃんは
無理やり出されるのを拒否するかのように
子宮の中を逃げ回るという事を聞いた事があるからです。

まだ数センチの小さな小さな赤ちゃんが
生存本能とはいえこのような行動を取るそうです。
私はそんな赤ちゃんに意思、感情がない訳がないと思います。

この本ではまだお腹の中に来る前の赤ちゃんの話や
産まれた直後、産まれた頃の話をする子供の事も
書かれていて、体内記憶って奥が深いのだなーと思いました。



さて、この本を読み終わって私も早速、娘に
体内記憶を聞いてみる事にしました。
(私、影響されやすいタイプです。)

以前、聞いた時は
『お腹を押してた。』
『遊んでた。』

という事を言っていました。
今回はこの本で読んだ事を踏まえて

・産まれる前の話
・産まれたばかりの頃の話

これも聞いてみる事にしました。
まず、産まれる前の話。

私 『なんでお父さんとお母さんの所に来たの?』
娘 『来たかったから。』

うーーーーん、微妙ですね。。。
感動するような話はなかったです。^ ^;



そして産まれたばかりの頃の話。

私 『おっぱい、美味しかったの?』
娘 『美味しかった!飲みたい!飲みたい!!!』

あらら・・・。
思い出したらしくその後、飲みたい攻撃が凄かったです。
もちろん、それ以上の話はないです。^ ^;


体内記憶がある子は全体の33パーセント、
誕生記憶がある子は20パーセントとの事。
うちの娘の回答を考えると
あんまり覚えてないのかも知れませんね。。。



この本は文章量はそんなに多くないので
子育てで忙しいママさんでも
すぐに読み終わってしまうボリュームの本です。
こちらの本は東村山図書館にも蔵書されています。
興味のある方はぜひ!!!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。